医療レーザー脱毛 VIO脱毛

VIOの脱毛範囲

VIO脱毛

最近人気のVIO脱毛。VIOのVとは、Vラインといって、ビキニラインのことですね足の付け根のVのラインの部分のことで、下着や水着を着たときに一番気になる部分です。Vラインをしっかりと脱毛しておくことで、安心して好きな下着や水着が着られるので以前から人気の脱毛部位です。

 

Iは、Iラインといって、性器周辺の部分になります。Tバックなどの細い下着を着用する人に人気の脱毛です。また、Iラインの脱毛をすることで、血液やおりものがついたりすることを防げたり、蒸れが解消されるなど、衛生面でも優れた効果を発揮します。Iライン脱毛はVIOライン脱毛の中では今とても人気の部位ですよね。

 

そして、Oラインは、肛門周りの部分のことです。なかなか見えない部分なので、自分で処理するのは難しいですよね。しかし、毛の中でもっとも必要のない毛と考えられているのです。Oラインに毛があることによって、排泄物などが付着してしまうこともあり、あまり衛生的ともいえません。Oラインの脱毛をすることは、Tバックなどをはく人にとっても人気の脱毛部位ですが、そうでない人も、衛生面で考えると脱毛をするメリットのある部分です。

 

気になる部分ではあるけれど、デリケートな部分で自分で処理するのが難しい部分なのが、VIOです。デリケートな部分なので、自己処理をしてトラブルが起きるという人も少なくないようです。


VIO脱毛のメリット

脱毛といえば、脇や手足の脱毛というイメージですが、最近はVIOというデリケートゾーンの脱毛をする人が増えていますよね。

 

VIO脱毛することのメリットは、トラブルが少ないということです。VIOはデリケートなので、間違った自己処理などをすることで、毛穴が目立ってしまったり、皮膚を傷つけてしまったり、色素沈着を悪化させてしまったりと、お肌にトラブルを起こしやすい部分です。

 

やったことがある人ならわかると思いますが、剃ったり抜いたりの自己処理では、伸びてきた毛がちくちくとして不快感もあるでしょう。VIO脱毛をすることで、その不快感を感じることもありません。また、IラインやOラインは、特に自分では見えにくい部分なので、自己処理が難しい部分なのです。そんなデリケート部分も、経験豊富な脱毛のプロに脱毛してもらうことで、トラブルがなくなります。

 

また、衛生面でのメリットも多く、尿や排泄物、生理の血液やおりものなどが付着することを防ぐことが出来るので、雑菌が繁殖することを防ぐことができます。蒸れを防ぐこともできるので、においや不快感、かゆみの軽減などにつながるのです。意外に知られていないことですが、毛じらみなどの性病の予防や、皮膚病の予防にもなります。VIO脱毛を医療機関で行うことは、衛生面でも安心です。

 

最近はローライズや、おしゃれな下着、水着が多いので、VIO脱毛をしておくことで、安心してお気に入りのデザインの下着や水着を着ることが出来ます。人にはなかなか話しにくい、デリケート部分の脱毛。VIO脱毛をすることですっきりと悩みが解消されるのではないでしょうか。

医療機関で行うVIO脱毛は痛いのか?

VIO脱毛は、上記にも書いたようにおしゃれや衛生面などのメリットから人気が高いのですが、気になるのは医療機関などで脱毛をする時痛いかどうかということですよね。レーザー脱毛は、以前の針脱毛などと比べると痛みはかなり少なくなりましたが、痛みには個人差もあり、部位によっても痛みが変わってくるのです。

 

レーザー脱毛は、黒色に吸収されるという仕組みを利用しています。色黒や日焼けをしている部分では、メラニンの色素に反応してしまい、肌に痛みを伴うことがあります。ですから、色素沈着が多いVIO脱毛は、デリケートな部分ということもありますし、ワキやうで、足などの脱毛に比べて、痛みが強いという人が多いようです。でも、医療機関で脱毛する場合は、痛みが強ければ、照射をゆっくりと行ったり、痛みが少しでも軽減されるようにしてくれます

 

レーザー機器にもそれぞれ特徴があるので、痛みの少ない機器を使用してくれて痛みを軽減してもらえますし、麻酔クリームを使用することも可能です。カウンセリングやテスト照射の際に、その辺はしっかり相談したいところですよね。デリケートな部分だけになかなか人には相談しにくいので、気になったことはしっかりと聞いておくことがおすすめです。逆にカウンセリングをないがしろにするようなクリニックはおすすめできません。