医療レーザー脱毛 ハイジニーナ

ハイジニーナ脱毛の照射範囲

ハイジニーナ脱毛

海外のモデルや女優の間では定番となってきているハイジニーナ脱毛ですが、ファッションの多様化から、日本でも若い女性の間で話題となっている脱毛です。ハイジニーナ脱毛はVラインやIライン、Oラインなどを含んだ、女性のデリケートゾーンやエチケットゾーン全体を脱毛することです。

 

Vラインは照射範囲は単純に全処理型もありますが、範囲を小さくしたり、逆三角形、I形、台形、ハート形など、自分の好みの形に整えたり、全体的に薄くするということもできます。そうなるとハイジニーナ脱毛といえなくなりますね。

 

Iラインは、Vラインの奥の部分で、性器周辺の部分、足を開かないと照射のできない部分ですし、自分でもなかなか処理できない場所になります。ハイジニーナ脱毛では、粘膜部のぎりぎりのところまで照射することが出来ます

 

Oラインは、肛門周りの部分のことで、足とおしりを開かなくては処理が出来ない部分です。自分で処理をするにはもっとも難しい部位になります。ハイジニーナ脱毛をする部分はデリケートなので、自己処理をすると、皮膚を傷つけたり、色素沈着や埋没毛など、トラブルを起こしてしまう可能性が高く、かといって人に相談しにくい部分なので、ハイジニーナ脱毛をしたいと考えている人は、一度カウンセリングを受け、どのように脱毛をしたいのか、注意しなければならないことは何か、痛みはないのか、脱毛後のケアのやり方など、いろいろとアドバイスをしてもらうことをおすすめします。


ハイジニーナ脱毛のデメリット

ハイジニーナ脱毛はメリットばかりかというと、そうでもなく、多少のデメリットもあります。

 

人気が高いとは言え、ハイジニーナ脱毛はまだまだ日本ではそれほどメジャーでもなく、温泉やサウナといった公共の場所では、人の視線が気になることもあるでしょう。

 

また、出産時にも病院の関係者や立ち会われる方々にみられることになります。(とはいっても出産時の痛みでそれどころではないかもしれませんね。)

 

それから肌がかなり弱い人などは毛がなくなることによって下着が直接肌に触れるため刺激を与えることも。

 

毛は本来弱い部分を守るために生えてくるものとされていますから、本来の役割を無視してなくしてしまうのに当然多少のデメリットはありますが、そこは自分にとってどちらがいいか考えて脱毛するといいでしょう。

ハイジニーナ脱毛は痛い?

VラインやIライン、Oラインなどのデリケートな部分の脱毛をするハイジニーナ脱毛。ハリウッドセレブやモデルの間では、もう常識となっているようです。しかし、デリケートな部分だからなおさら、痛みが心配になります。ハイジニーナ脱毛をしてみたいけれど、痛みが怖くて躊躇しているという人も多いのではないでしょうか。

 

痛みには個人差があるので、まったく痛みを感じなかったという人もいますが、口コミなどを見ても、デリケート部分の脱毛は痛みが強いと書いてあることが多いですよね。レーザー脱毛の仕組みは、メラニン色素に反応させ脱毛を行うというものです。ですから、色素沈着の多いデリケートゾーンは痛みを感じやすいといえるでしょう。

 

特にIラインというのは、女性の体の中でもっとも痛みを感じる場所とも言われています。確かに、以前のハイジニーナ脱毛は、確かに痛みを伴うものだったようです。しかし、その痛みも今は過去のことで、痛みの少ない機器や、ゆっくりと照射をすることによって、痛みを軽減できるようになってきているのです。痛みには個人差があるので、痛みを強く感じやすいという人には、麻酔クリームなどを使用することも出来ます。

 

デリケートな部分ですから、不安も多く痛みを感じやすいということも考えられます。不安があるという人は、まずは相談してみることをおすすめします。カウンセリングは無料というところも多いですし、まずは、不安を解消することからはじめるといいでしょう。